PAWSOME Days

ペットシッター paswome の日常 - パグとミニシュナとペットシッター。

カテゴリ: ペットセーバー

2 月 13 日の地震、東京でもだいぶ長く揺れた。

パグ海とミニシュナ天は、爆睡中で起きても来なかったけど、やっぱり防災は重要と思い、これまで書いたブログを眺めてみる。

1) ペットセーバー講習復習(1) 救命処置
緊急時のための連絡先を見直し

2) ペットセーバー講習復習(4) 災害に備えて
現在の環境での災害時脳内シミュレーションと、備蓄を確認

3) ペットセーバー講習復習(最終回) - 「万が一」に備える。
迷子チラシのアップデートと救護セットの見直し

4) 犬と一緒に生き残る防災BOOK
結局買ってなかった! 買おう。


PXL_20210213_143447333.PORTRAIT


折をみて復習してきたペットセーバー講習まとめ。
PXL_20200613_102027618


今日は、もしも、倒れたり怪我をしたり脱走したり、または災害がおきたら、という場合に備えるリソースをまとめて復習を終えたいと思います。

緊急カード

もしも、の時に焦らないように、ワンコ情報を諸々まとめたカードを作っておく。
  • 獣医さんの電話番号とカルテ番号
  • かかりつけでなくても、救急対応ができる動物病院の電話番号
  • 動物可のタクシー手配ができる電話番号
  • 犬の登録情報 (鑑札番号、狂犬病注射済票番号)
  • マイクロチップ情報
  • ワクチン接種状況、健康状態

迷子犬チラシ

講習の時に「ああ、そうだなー」と思ったのが、万が一脱走等して迷子になって、そこからチラシを作るのでは遅いということ。平時に大枠を作っておいて、万が一の時は最低限の情報更新ですぐにプリントできるようにしておくと安心。

大阪市が、無料テンプレートを配布してました。目立つかはともかく、テンプレートがあると、作りやすい。


緊急救護セット

お散歩バッグに入れる携帯用救護セットと、自宅用もあるといいね。
  • 包帯 (頭用に伸縮しないものと、体用は伸縮するもの)
  • ガーゼ
  • 使い捨てゴム手袋

防災グッズ

(ほとんどのモノは常に自宅に買い置きがあるので、確実に足りないもの)
  • 熱中症対策 (ペットスエット)

参考資料

最後に、必ず1回は目を通し、かつ定期的に内容をチェックすべきリソースを。


皆様も、備えあれば憂いなし。


先日参加したペットセーバー講習の復習。今日は、楽しかった「ロープワーク」- 一本のロープでハーネスを作ります。(なお、講習で使ったロープは、お土産としていただけました! お散歩バッグに入れて持ち歩いてます。)
PXL_20200711_215847880

まず、ロープを両手に持ち、右手はロープ先から30 センチくらいの位置、左手は適当な位置で持つ。
PXL_20200806_220140657

裏から見た「の」の字になるようにロープを輪に組み、
自分から見て奥から手前に向けて、左手のロープにくぐらせる。
PXL_20200806_220157483._exported_399_1596762409301

右手に戻ってきた短い端を、もう一回左手のロープに奥からくぐらせて完了。
PXL_20200806_220212551

できあがった輪っかは、長い端を引っ張ると長さ調整ができ、短い端が抜けない限り、結び目ががっちり。

ハーネス代わりにするには、前足を一本だけ輪っかに通してたすき掛けに。

PXL_20200711_215852231
パグ海ちゃん、ちょっと嫌そう…

PXL_20200806_223629344.PORTRAIT-01.COVER
先日参加したペットセーバー講習の復習。今日は災害に備えて。先月は大雨で甚大な被害がでたりと毎年のように異常気象といわれ、そして日本は地震も多いし活火山もある。物資を備えておくことはもちろんだけど、いろいろな災害に備えてシミュレーションを繰り返しておくことが重要、とのメッセージ。

地震、水害、噴火、台風

例えば想定できる災害それぞれについて、具体的な、とるべき行動を今のうちから考えておく。地震、水害、富士山の噴火、台風(風)、それぞれの発生時間(深夜だったら? 昼間だったら?)、発生時期(真夏の場合は? 冬だったら?)、発生時の自分の場所(職場や在宅時、居酒屋にいる時だってある) - 様々なシチュエーションで最適な行動を考えておく。 

まず、自宅兼オフィスの場所のハザードマップを確認。渋谷区の場合: 
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/anzen/bosai/bosai_manual_map/index.html

幸い、うちは揺れやすさ、洪水も危険は少ない土地のよう。

次に、渋谷区: ペットとの同行避難マニュアルを確認。
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/anzen/bosai/bosai_manual_map/manual_pet.html


避難所に行く?在宅避難?

うちの場合は、マンションの場所、耐震性、階を総合して考えると、在宅避難がいいと思われる。そうなると、仮に水道や電気、ガスといったライフラインが使えなくなっても、1 週間くらいは乗り切れるような準備が必要。

断水、停電になったら?

ワンコ達のご飯、サニタリーグッズは常にストックがあるのでこれを続けるとして、まったく考えてなかったのが、断水と停電。人間用の防災セットをまだ揃えてないので、水もガスも、防災トイレも無い。水道から水がでない、トイレが流せない、カップラーメンも作れない。エアコンも使えないと、冬は大量の毛布で頑張るとしても、暑さに弱いパグは真夏のエアコン無しは無理。うちわ? 気化熱で温度を下げるにも水がいるし、人間のように水を無理やりでも飲ませられないだろうから、水分の多い「美味しいもの」も必要か。ペットスエット試してみよう。

用意しておくもの候補

人間用防災セット
水をたくさん
ワンコの熱中症予防対策(ペットスエット、濡らして降ると冷たくなるタオル)
PXL_20200715_054013910


先日参加したペットセーバー講習の復習。今日は他の犬に攻撃された場合の対処法。

攻撃的な犬は、首を咬みにかかり、そして首振りをして離さない。万が一そのようになった場合は、
  • 後ろから入り、両膝で犬を固定
  • 首輪をもって「上」に上げる。首振り防止。
  • さらに咽頭反射を利用して、口を開けさせても可。
  • 耳に思い切り息を吹くのも可。
  • その後は十分な距離を取る。

首輪をしていない場合は、ベルトやリードなどで即席に首輪を作り、上記を行う。

ピットブルに襲われるパピーの動画が流れました。あまりにも辛くて、見れない受講生が多発。そんな時も、パニックにならず、単に後ろに引っ張るのではなく、冷静に「上」に持ち上げられるだろうか。
PXL_20200720_225539968.PORTRAIT-01
ミニチュアピンシャーに首を咬まれそうになったことがあるパグ海。ちゃんと守るからね!

↑このページのトップヘ