PAWSOME Days

ペットシッター paswome の日常 - パグとミニシュナとペットシッター。

カテゴリ: 海外ペットニュース

面白かった海外のペットニュースを要約してご紹介。



猫は物理の法則に逆らい、ナマケモノはトイレ旅をし、ワニは泣く。動物は時としてかなりクレイジーだが、このページは、そんなクレイジーな瞬間を捉えたコレクション。その中でも私のお気に入りがコチラ。

#1

なにか分かるまでは、ドキッとする。



#2

漂う哀愁。

#3

首、長っ!

参考元:
50 Weird Animal Photos That “Cannot Be Explained”
(要約) 

面白かった海外のペットニュースを要約してご紹介。



(写真: Via sadanduseless)

好きな人と嫌いな人に別れがちなクロックス。Amazon などのショッピングサイトでワンコ用クロックスの販売が始まって一部のソーシャルメディアでは大盛りあがり。

すぐ抜けるだろうけど、犬好きさんへのプレゼントや、ワンコと人間のコーディネートを楽しむ人など、それなりのニーズはありそう。


参考元:
You can now buy crocs for dogs – the pet product you didn’t know you needed
(要約) 

面白かった海外のペットニュースを要約してご紹介。



今回発表された研究によると、ワンコ達は、多くのラテラルフロー検査よりも正確に人体のコロナウイルス有無を判別できる。

実験では、ワンコは 97% の正確性で人体のコロナウイルス有無を検知。一方、ラテラルフロー検査では、症状のある人で 72%、無症状になると 58% まで低下。そのため、このワンコの能力を空港や駅、コンサートなどの「密」な場所でのスクリーニングに活用できるのでは、と示唆している。

このワンコの能力は、PCR 検査に取って代わるものではないものの、PCR 検査が必要かどうかを判断する段階では有効との見方で、世界中で行われているワンコのコロナウイルス検査研究に新たな発見をもたらした。

ラテラルフロー検査: 
COVID-19感染確認の検査では現在、PCR検査が広く行われているが、一般的なPCR検査は非常に高感度に感染の有無を識別できる一方、費用が高額なことに加え、検体採取後のステップが多く時間がかかり現場ですぐに結果を確認できないといった課題がある。これに対し、ラテラルフロー(イムノクロマト法とも呼ばれる)検査(LFT)は、感染初期段階の検出は困難なものの、シンプルかつ低価格で設計可能/結果をより素早く提示可能/現場でも手軽に実施可能といった特長があり、既に国内外で複数の企業がこの手法を用いたCOVID-19感染の簡易検査キットを開発、提供している。

引用: https://eetimes.jp/ee/articles/2008/28/news118.html

ワンコ、ありがとう。

参考元:
Dogs can better detect Covid in humans than lateral flow tests, finds study
(要約) 

面白かった海外のペットニュースを要約してご紹介。



犬好きで知られるヒュー・ジャックマン。フレンチブルドッグの Dali が、バッグに入って出てこない写真をインスタにアップして話題に。

2019 年から舞台に上がってなかったヒュー・ジャックマンですが、今年末にはブロードウェイに復活するそうです。

なんて素敵な写真! 


参考元:
Hugh Jackman's dog Dali climbs into his luggage and refuses to leave as the actor prepares to go back on tour
(要約) 

面白かった海外のペットニュースを要約してご紹介。



アリゾナ大学のチームが、バクテリアを改変し、犬の口臭を改善し、 梨やミントのような、むしろ人間に心地よいニオイにすることに成功したとのこと。

バクテリアは無害で、現時点では2時間程度の持続力。8 時間〜の持続を目指して改善中で、いずれ、このバクテリア入りのトリーツやフードが出てくるかも。

チームは、犬の口の中に存在する数百のバクテリアのうち、まったく無害な 20 程度のバクテリアを特定。これらのバクテリアに、ミントや梨の香りを持つ酵素を DNA に組み込み、口臭を元から絶つバクテリアを爆誕させた。

参考元:
Take my breath away! Researchers develop harmless bacteria strain which can get rid of dogs' bad breath
(要約) 

↑このページのトップヘ